台風9号2021の進路!米軍・ヨーロッパ予想・オリンピックには影響ある?

台風9号2021の進路!米軍・ヨーロッパ予想・オリンピックには影響ある? 役立ち

2021年8月4日(水)9:00、南シナ海で台風9号(ルピート)が発生。

翌8月5日(木)15:00、沖縄本島近海で台風10号(ミリネ)が発生。

さらに、同日やはり15:00、日本の東で台風11号(ニーダ)が発生。

トリプル台風として日本周辺に雲の渦を巻き起こしています。

台風9号(ルピート)は、勢力を保ったまま北上し、2021年8月8日(日)夜に西日本に接近/上陸する可能性があるとのこと。

そこで今回の記事では

  • 2021年台風9号の進路予想 [米軍]
  • 2021年台風9号の進路予想 [ヨーロッパ]
  • 台風9号の東京オリンピック2020に影響はある?

これらについてまとめていきます!



2021年台風9号の進路予想 [米軍]

2021年の台風9号(ルピート)の米軍による進路予想を観てみます。

以下の図は、米軍合同台風警報センター(JTWC = Joint Typhoon Warning Center)による進路予想です。

参照元:米軍合同台風警報センター(JTWC)

 

ISSUE TIME(発行時刻):07/0600Zとあるので、2021年8月7日(金)6:00に出された情報。
つまり時差を考えると、日本時間で2021年8月7日(土)15:00に発出されたということですね。

上向きの赤矢印3本が、左からそれぞれ台風9号(ルピート)・台風10号(ミリネ)・台風11号(ニーダ)を示します。

雲が多すぎて日本列島が見えづらいですが、台風9号は九州の南西にあると見えます。

2021年台風9号の進路予想 [ヨーロッパ]

ヨーロッパの進路予想では、欧州中期予報センター(ECMWF = European Centre for Medium-Range Weather Forecasts) のものと、Windy.comを参照しました。

ヨーロッパ予想1:台風9号のECMWFによる進路予想

ECMWF(欧州中期予報センター)による予報は、10日先までの予報が見られるのが特徴です。

10日先となると先のほうの日は当然、精度が落ちていくのですが、それでもECMWFの台風予報の精度は高いと評判です。

以下の図はECMWFのサイトのものです。
“Valid time: Mon 09 Aug 2021 12 UTC”とある通り、2021年8月9日(月)12:00(協定世界時)のもので、日本は協定世界時よりも9時間進んでいます。

よって、以下の図は2021年8月9日21:00時点の予想図となります。
予想図を見た時刻が左側の Base time: Sat 07 Aug 2021 00 UTC 、よって2021年8月7日(土)9:00ということになります。

参照元:欧州中期予報センター(ECMWF)

ヨーロッパ予想2:台風9号のWindy.comによる進路予想

ヨーロッパ予想ではWindy.comも参照しました。

Windy.comはECMWFを基にした情報ですが、天気図に風向きがアニメーションで示されていて、見やすいのが特徴です。

参照元:Windy.com

Windy.comでは画像下のバーで日時を進めることができます。

これを利用して、2021年8月8日(日)にあわせてみたところ、台風9号は8日の夜から深夜~9日にかけて、九州を初め西日本に上陸する様子が見られます。

台風9号の東京オリンピック2020への影響はある?

2021年台風9号(ルピート)の東京オリンピック2020への影響は、現在のところ直接的にはない模様です。

ライブドアニュースによる2021年8月7日のツイートです


台風9号2021の進路!米軍・ヨーロッパ予想・オリンピックには影響ある? まとめ

この記事では

  • 2021年台風9号の進路予想 [米軍]
  • 2021年台風9号の進路予想 [ヨーロッパ]
  • 台風9号の東京オリンピック2020に影響はある?

を調べてきました。

2021年8月7日現在発生しているトリプル台風のなかで、西日本に接近/上陸が見込まれる台風9号(ルピート)。

オリンピックへの直接の影響はないと思われるものの、西日本では特に暴風・豪雨へ十分にご警戒ください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました