吉村妃鞠の両親も音楽家?バイオリンの天才少女の先生は誰?動画や海外の反応も!

吉村妃鞠の両親も音楽家?バイオリンの天才少女の先生は誰?動画や海外の反応も! 人物

YouTubeを観ていたら、小学生の天才バイオリニストが現れました。
吉村妃鞠(ひまり) さんは2021年3月現在9歳で、小学3年生。

その妃鞠さんのバイオリン演奏がこちらです (当時7歳!)。

調べると、6歳時点で既にオーケストラとの共演でデビューしており、幼くして何年も前から注目されているようでした。

この記事では、可愛らしいバイオリニスト・天才少女の吉村妃鞠さんについて書いていきます。

  • 吉村妃鞠の両親も音楽家?
  • 吉村妃鞠基本プロフィール・学校・所属等
  • バイオリンの天才少女の先生は誰?
  • 幼児期に漢検や英検に満点合格!吉村妃鞠の秀才エピソード
  • 吉村妃鞠最新動画
  • 吉村妃鞠の演奏についての海外の反応

超絶技巧を駆使した演奏だけでなく、小学生らしさが見える動画も可愛いのでぜひ観てみてください!



吉村妃鞠の両親も音楽家?

調べると吉村妃鞠さんのご両親ともに音楽家でした。
さらに、母方祖母、叔母も音楽関係者です。

父・吉村龍太

作曲家・プロデューサー・キーボードプレイヤー。
桐朋学園大音楽学部学卒業(作曲専攻)。
ドラマや映画のサウンドトラックが多数の映画祭で高評価。
宇多田ヒカル等、多数の著名アーティストのサウンドプロデュースやコンサートツアー等に参加。

記事冒頭の動画の伴奏者がお父さんだそうです!

母・吉田恭子

バイオリニストで桐朋学園大学音楽学部卒業。
英国ギルドホール音楽院、米国マンハッタン音楽院へ留学。
これまでにアーロン・ロザンド、江藤俊哉、滝沢達也各氏に師事。全国各地でリサイタルを行う他、著名なオーケストラの首席奏者が中心となる「マスター・プレイヤーズ,ウィーン」等と共演。
2001年CDデビュー。
雑誌・新聞・テレビ・ラジオ等メディア出演多数。

2018年のリサイタルというと妃鞠さんも聴いていたかも知れませんね。

祖母・吉田慶子

吉田慶子さんは、吉村妃鞠さんの母方祖母、つまりバイオリニスト・吉田恭子さんの母。
ジャパンアーツの役員もされた音楽マネージャーで、音楽&アートマネージメントのKトレーディング代表。

叔母・KOKIA

KOKIAさんは吉田恭子さんの妹で、吉村妃鞠さんの叔母にあたります。
シンガーソングライター・ボーカリストで、桐朋学園大学音楽学部卒業 (声楽)。

KOKIAさんはビジュアルが美しいだけでなくかなりの歌唱力との評判


バイオリンの天才少女の先生は誰?

吉村妃鞠公式サイト (日本語と英語で経歴が書かれたページ) に、これまでに師事した先生の名前が書かれています。

原田幸一郎、小栗まち絵、ザハール・ブロンの各氏に師事。

吉村妃鞠プロフィール・入賞暦等

吉村妃鞠さんのプロフィール・コンクール入賞暦はこちらです。

吉村妃鞠の基本プロフィール

  • 名前:吉村妃鞠 (よしむらひまり)
  • 生年月日:2011年
  • 年齢:10歳
  • 在籍校:慶應義塾幼稚舎
  • 公式 Instagram:himariviolin

吉村妃鞠のコンクール入賞暦 (抜粋)

吉村妃鞠さんは9歳にして、国内外の39のコンクールで1位を総なめにしているそうです。

  • 第12回アルテュール・グリュミオー国際ヴァイオリンコンクール第1位及び特別グランプリ (2019年 ベルギー)
  • 第26回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール第1位及び特別賞 (2019年 イタリア)
  • 第20回シェルクンチク国際音楽コンクール第1位 (2019年 ロシア)
  • 第2回レオニード・コーガン国際ヴァイオリンコンクール第1位 (2018年 ベルギー)

使用楽器は大人用の1/2サイズ!

9歳で体も大きくない吉村妃鞠さんが使用するバイオリンは1/2サイズ。
バイオリン等の弦楽器は「分数楽器」といって小さいものでは1/16くらいからのサイズがあります。

通常、小さければ小さいほど鳴りが悪いですが、妃鞠さんは楽器が小さくても、大ホールでオーケストラをバックにこの迫力で協奏曲を演奏しています!


練習時間7時間に及ぶことも

毎日小学生新聞連載『すっごい小学生』

ふだんは4~5時間ですが、気合が入ると7時間とか一気に練習することもあります。

天才は1%のひらめきと99%の努力…ということばが思い出されます。

幼児期に漢検や英検に満点合格!吉村妃鞠の秀才エピソード

バイオリンで尋常じゃない神童っぷりを発揮している吉村妃鞠さんですが、秀才エピソードもあります。

4歳のときに漢検9級「満点合格」 (史上最年少)。
7歳で英検合格、9歳の2021年現在は準2級の二次試験の勉強中とのことなので、小学校低学年にして準2級所持になる日も近いです。
妃鞠さんのインスタグラム、必ず日本語と英語が書かれていますが、可愛い絵文字を見るに、きっとご本人が書いていますね (^^)
また漢検・英検のほかに、空手7級 (橙帯) でもあるそうです。

まさにスーパー小学生!

吉村妃鞠のバイオリン練習動画

以下は2021年1月2日に妃鞠さんが出演された東京フィルのニューイヤーコンサートにあたって作成された動画です。

バイオリン練習に宿題に、ピアノ練習、リコーダー、なわとび、手品で遊んで…と充実した時間を過ごしている様子が分かります。

大きな声ではきはきとお話される様子も、粒がはっきりとしたバイオリン演奏に通じるところがありますね (^^)

Bunkamuraチャンネルより

吉村妃鞠の演奏についての海外の反応

この記事冒頭の動画 (妃鞠さんが7歳のときのアルテュール・グリュミオー国際ヴァイオリンコンクール)で、海外のYouTube視聴者のコメントを見てみました。

彼女のフレーズ間の小さな息づかいに心をつかまれる。
私もそれをコメントしようと思ってきた!愛らしい。
あのちっちゃなお顔がすっごい表現力豊か!あんなに小さいのにすごい集中力!
音がすごくクリア。7歳にしてこんなにプロフェッショナルに弾けること想像してみて。
大人な目をしてみせることがあるけどまだまだ小さな子供。
バイオリンが大好きなんだろうね。毎日何時間練習するかじゃない、ゲームみたいなもの。
それでいて素晴らしい成果を出してる。
こんな素敵な音が出せるなら私もバイオリンが大好きになるな。
この年の子にテクニックを教えることは不可能じゃないかも知れない。でも成熟した音楽、フレーズ、様式、信じられないくらいの歌心をこの超絶技巧の曲で・・・。神童としかいいようがない。

まとめ

この記事では、小学生の天才バイオリニスト、吉村妃鞠さんをご紹介しました。

吉村妃鞠さんはご両親、吉村龍太さん・吉田恭子さん夫妻も音楽家で、さらには祖母や叔母も音楽関係者という音楽一家で生まれ育っています。
これまで世界的バイオリニストを多数輩出しているザハール・ブロンを初め、原田幸一郎、小栗まち絵の各氏に師事。

バイオリンに励むだけでなく、幼稚園時代から漢検や英検に合格している秀才肌。

海外でも既に多数のコンクールで優勝していることから、今後の日本や世界での活躍が非常に楽しみな小さなバイオリニストです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました